MENU

CSR > 環境保全

環境保全

環境方針

私たちは、「サンコールグループの環境方針」に基づき、企業活動において、一人ひとりの環境保全に対する役割と責任を認識して行動し、地球環境との共生と調和を図ります。

基本理念

地球社会の一員として、公徳優先、人間尊重をベースに技術集約型精密製品の創造をビジネステーマとした事業活動の中で、自然環境の保全に万全を期すとともに、貴重な資源を大切にし、地球環境に貢献します。

行動指針

  • 1. 電子・情報機器関連部門、自動車製品関連部品、精密機器材料の事業活動において、積極的に環境の保全に取り組みます。
  • 2. 環境マネジメントシステムを推進し、技術的・経済的可能な範囲で、継続的な環境改善を行い、汚染の未然防止に努めます。
  • 3. 関連する環境法規制及び協定事項を遵守し、環境保全に取り組みます。
  • 4. 環境保全を推進するため環境目的・目標を定め、廃棄物の減量、省エネルギー、省資源、地球温暖化ガスの削減に取り組みます。また、環境目的・目標は定期的に見直し、必要に応じて改訂します。
  • 5. 地域周辺への環境保全に配慮し、地域から信頼される事業活動を行います。
  • 6. この方針は、社外の要請に応じて公開します。

環境への取り組み

人と環境、そして地域と調和した企業をめざして
私たちサンコールは、「地球社会の一員として、 公徳優先、人間尊重をベースに 技術集約型精密製品の創造をビジネステーマとした事業活動の中で、自然環境の保全に万全を期すとともに貴重な資源を大切にし、 地球環境に貢献します。」という基本理念のもと、人と環境、そして地域と調和した企業活動を推進しています。

工場内緑地化を推進しています

環境への配慮として本社ナノテクノロジーセンターの屋上、および工場周辺の緑地化を行い、都市のヒートアイランド現象を抑制しています。
また、緑地による自然を身近に感じることにより社員のみでなく、お客様や地域の方の環境意識の芽生えになればと願っています。

環境マネジメントへの取組み

大量生産、大量消費型の社会システムは、地球温暖化やオゾン層の破壊といった地球環境問題や、河川・土壌の汚染,ごみ問題といった環境問題をもたらしました。
こうした中、環境に配慮した省資源・リサイクル指向の循環型社会システムが求められるようになっています。
京都議定書採択の地である京都市に工場を構える当社では、「環境マネジメントシステムの推進による継続的な環境改善と汚染の未然防止」「環境法規制・協定事項等の遵守」「目的、目標を定めた、廃棄物の減量、省エネルギー、省資源等への取組み」といった環境方針を掲げ、1999年8月に京都市右京区の本社工場でISO14001を認証取得。更に2000年11月に全事業所で認証取得をし、全社を挙げて環境対策に取組んでいます。
※京都市では,大規模事業所の事業ごみの減量及び再資源化に積極的に取り組んでいる優良な事業所を「ごみ減量・3R活動優良事業所」として認定し顕彰しています。

世界初の鉛レス熱処理ラインを採用しています

作業者と環境に考慮し、「自動車弁ばね材」の製造に必要な「鉛」を使用する熱処理工程に変えて、
「砂」を利用した「鉛レス熱処理ライン」を世界に先駆けて開発。汚染の未然防止と廃棄物の削減を実現しました。

太陽光発電システム(40kW)導入しました

地球温暖化防止活動ならびに電力ピーク抑制対策の一環として、子会社サンコールエンジニアリング株式会社に、太陽光発電システム(40kW)を導入しました。

ISO14001認証取得の状況

環境保全に組織的に取り組むため、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しています。

会社名
登録年月
SUNCALL AMERICA INC AUTOMOTIVE DIVISION OF INDIANA
2011年 10月
SUNCALL TECHNOLOGIES(SZ) CO., LTD.
2002年 11月
SUNCALL High Precision (Thailand)LTD.
2004年 5月
SUNCALL TECHNOLOGY VIETNAM CO., LTD.
2010年 5月
SUNCALL (Guangzhou) CO., Ltd.
2012年 2月
SUNCALL (Tianjin) CO.,LTD.
2016年 8月
SUNCALL TECHNOLOGIES MEXICO S.A. de C.V.
 

海外合弁会社

会社名
取得年月
K&S WIRE CO.,LTD.
2014年 12月
KOBELCO SPRING WIRE (FOSHAN) CO.,LTD.V.
2016年 4月