MENU

企業情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

当社は、コーポレート・ガバナンスを、「株主・顧客・従業員・地域社会等ステークホルダーの立場を踏まえ、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行う仕組み」と認識し、持続的な成長および中長期的な企業価値の向上を図る観点から、継続的にその充実に取り組みます。

基本的な考え方

  • 1. 株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
  • 2. ステークホルダーとの相互利益を考慮し、適切に協働する。
  • 3. 会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
  • 4. 取締役会は、“ビジネステーマ・戦略”を明確に示し、幅広い視野で客観的に“リスクの管理体制の構築”・“業務執行の監督”を行い、リーダーシップを発揮する。
  • 5. 株主の声に耳を傾け、また当社の経営方針に理解を得る機会を持ち、建設的な対話から、それを経営に反映させる体制整備に取り組む。

ガバナンス体制

企業統治の体制

当社は、監査役会設置会社です。取締役7名(うち社外取締役3名)、監査役3名(うち社外監査役2名)の体制をとっております。
取締役会は原則月1回開催しております。取締役会の決定した基本方針に基づき、全般的な業務執行方針および計画ならびに重要は業務関し協議するための、部門長の集まりである経営会議、執行役員会議を各月1回開催しております。

取締役会

当社では、株主総会で選任された取締役7名で構成する取締役会で、全社の戦略を議論し、意思決定と業務執行の監督を行っています。取締役の任期は1年とし、取締役の経営責任を明確に、経営環境の変化に迅速に対応できる体制をとっております。
毎月原則1回行われる取締役会では法令に定められ事項や経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を逐次監督しております。

社外取締役・社外監査役

代表取締役などと直接利害関係の無い独立した立場から、客観的な視点で取締役会を監督するため社外取締役・社外監査役を選任しております。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

内部統制システム

わたしたちはグループ全体において、職務の執行が法令・定款に適合することを確保する体制、損失の危険を管理する体制、職務の執行が効率的に行われることを確保する体制等を整備し、これらを運用しております。「内部統制システムの充実」は、業務の効率化、適正化等を通じてさまざまな利益をもたらすと同時に、証券市場に対する内外の信頼を高め、当社を取り巻く全てのステークホルダーに多大な利益をもたらすものと認識しております。業務ルールの標準化・文書化による責任・権限の明確化・業務の可視化、IT活用による不正・誤謬の発生しないシステムのさらなるレベルアップに取り組んでおります。